株式会社エッグ ふるさと納税システム

ふるさと納税システム導入実績 全国№1 680以上

↓

※2019年4月 現在の導入自治体数(構築中含む)

ふるさと納税システムを
全国で初めて開発、導入

ふるさとチョイス・Yahoo!公金支払い・株式会社エッグの3社連携

導入実績日本一(当社調べ)を誇るエッグのふるさと納税システム。
多くの自治体様にお選びいただいた理由をご紹介いたします。

↓ ↓

導入自治体が評価する エッグ ふるさと納税システム 効率アップの工夫満載!7つのポイント

効率アップの工夫満載!7つのポイント

安全、効率、正確性UP!
「ふるさとチョイス」からの情報取り込み作業不要!
人気ポータルサイト「ふるさとチョイス」の寄附情報取込を完全自動化!職員様は個人情報の生データに一切触れる必要なし。個人情報のデータ化、ダウンロードも不要。寄附情報取込作業は0秒です。
ふるさとチョイス以外のポータルサイトのデータ取り組みも可能

その他ポータルサイトからの寄附情報も取り込み可能です。.

クレジット決済の入金処理に対応 約70%の作業が削減!

寄附件数の70%を占めると言われるクレジット払いに対応。情報を取り込むと、クレジット支払いの寄附者は自動的に入金完了に!.

自治体様からの評価
  • ● 1つのシステムで複数ポータルサイトの管理ができるからワンストップ特例処理が安心。
  • ● 毎日処理ができるようになったので、大量の未処理情報を溜め込むことがなくなった。
専用のコールセンター(フリーダイヤル)設置で
安心サポート!
自治体様ごとに専任のサポート担当者を配置。ご質問やご相談などは、これまでのノウハウを生かし、営業担当とサポート担当の2体制で対応。さらに、定期的にご意見を伺い、ふるさと納税の制度改変等にも実際の自治体の意見を取り入れながら、素早く柔軟に対応します。
自治体様からの評価
  • ● サポート体制を重視してエッグシステムの導入を決めた。
  • ● どんなに細かい質問に対しても迅速丁寧に対応してくれ、非常に助かる。
事業者、配送業者とも連携できて効率UP↑!
事業者にも専用管理画面を公開し、発送作業を行っていただくことができます。また、配送業者の送り状印刷ソフト用CSVデータ作成もボタンひとつで可能。さらに効率化が図れます。
自治体様からの評価
  • ● 発送業務を事業者に任せることができるので負担が減った。
  • ● 事業者専用管理画面をリアルタイムで確認し、発送状況を把握できるので、寄附者からの問い合わせにも即対応できるようになった。
GCF・災害支援フォームの取込
ふるさとチョイスの通常フォームだけでなく、GCF(ガバメントクラウドファンディング)フォームや災害支援フォームの寄附情報も自動で取り込むことができます。受付区分も分けて管理することができるので、集計、報告する際にも便利です。
マイナンバー、ワンストップ特例処理対応!
名寄せはもちろん、正確な情報が整理できる機能を設置。寄附者がお住まいの自治体様へ送付するワンストップ特例通知書用データも一括作成が可能です。
業務効率化と作業ミスを防ぐ!
業務に合わせた安心設計!
証明書の二重発行を防ぐ発行日自動記録や、未入金の寄附者と入金完了寄附者の区別など手間を省きミスを防ぐ工夫がたくさん。
寄附証明書などの帳票カスタマイズもOK!
寄附証明書などの帳票は、導入時自治体様がご利用中のレイアウトを元に作成します。導入後は自治体様で調整・変更をしていただける仕組みでご提供しています。全国の自治体様からご好評をいただいています。

導入された自治体様の声

導入自治体様から高評価をいただいています。

  • ふるさとチョイスとの自動連携が決め手。個人情報が安全に取り扱えると判断した。毎日、個人情報の取り組み作業をしている職員の負担の軽減やセキュリティの安全性を高められるところを評価した。
  • 入金前と入金後の処理がはっきり区別できるところが良いと評価した。
  • クレジットカード決済を導入するにあたり、入金の確認作業に不安を感じていましたが、エッグのシステムは自動連携のため確認がスムーズということで、導入することを決めた。
  • 2社のインターネットサイトで寄附受付しており管理が複雑化していた。エッグのシステムで、効率化と大切な寄附者情報をしっかりと管理できるという点で導入を決めた。
  • 煩雑だった作業が半分に減り、時間に余裕が持てるようになった。
  • 空いた時間で事業者さんと商品開発の話ができるようになった。自分が本来すべき仕事ができて良かった。
  • 寄附が増える前にシステム化できてよかった。件数が17 倍に増えてびっくりしている。
  • 入金処理に時間がかからなくなったので、いままで溜め込んでいた作業が毎日の隙間時間にできるようになった。
  • システム化してから、ふるさと納税の取り組みの見直しやいろいろなチャレンジができた。
ページトップ